妊娠と出産と子宮筋腫

子宮筋腫と妊娠・出産

 

子宮筋腫があっても妊娠や出産はできます、筋腫ができている場所や状態によっては

 

事前に筋腫核手術などの治療を行う場合はありますが、ほとんどの場合は妊娠も

 

出産も可能です。

 

子宮筋腫があってもそれほど症状がなく、妊娠検査のために受診してはじめて筋腫が

 

あることを知る人も大勢ますが、何の障害もなく出産をしているのが現状です。

 

しかし、筋腫があっても妊娠や出産が可能なんだからと、医師の診断を受けずに

 

妊娠するのはよくないでしょう。

 

出来る限り産婦人科で妊娠・出産したいのですがといって診断をうけてください。

 

現在、子宮筋腫は子宮を摘出する以外に改善される場合を除いては、子宮を

 

温存するという考え方が主流です。

 

医師から子宮摘出しか方法はないと言われた場合は、本当にそれ以外の方法が

 

ないのかセカンドオピニオンを求めるのがいいでしょう。

 

特に妊娠と出産を希望する場合は、医師にそのことを伝えて他にどんな

 

方法がありますかと聞いたほうがいいでしょう。

 

子宮筋腫が流産や不妊の原因になることはありません。

 

しかし、子宮筋腫ができる場所を大きさによりごくまれに流産や不妊の原因と

 

考えられる場合があります。

 

こうなると、妊娠出産を希望する人は、その原因となる筋腫を取り除かないと

 

いけません。

 

一般的な方法としては、筋腫核手術で筋腫のみ取り除いた上で、妊娠出産

 

するという流れになります。

 

ホルモン療法は、強制的に閉経状態を作り出し、子宮筋腫の成長を抑止減少

 

する療法です。

 

従ってこの療法を行なっている間は妊娠・出産をしたい場合はホルモン療法

 

が終了してからになります。

 

その場合も、副作用の影響もあるので事前に産婦人科医に相談すべきでしょう。

 

http://www.jsog.or.jp/public/knowledge/kinshu.html