妊娠中の女性の病気

 

米国やEU圏では、新薬(先発医薬品)の特許が満了してから約1ヶ月後、医療用医薬品市場

 

の75%前後がジェネリック医薬品(後発医薬品)に取って代わる飲み薬もある位、ジェネリック医薬品

 

は先進国で利用されているのです。お酒に含まれるアルコールやお薬、多岐にわたる食品添加物等

 

の物質を水や脂に溶けやすい形に分解し、無毒化する作用の事を解毒(デトックス)と称し、

 

肝臓が担っている非常に大切な効能の一つであると思います。

 

30才代で更年期が訪れたとすれば、医学的には「早発閉経」という女性疾患に該当することになります。

 

(日本の場合は、40歳未満の割と若い女性が閉経してしまうケースを「早発閉経」と称しています)。

 

今、若い世代で結核(けっかく)に対しての抵抗力、即ち免疫力を備えていない人々の割合が高くなったことや、

 

診断の遅延に由来する集団感染・院内感染が問題になっています。めまいは起こらないのに、

 

長く続く耳鳴りと低音域の難聴だけを、いつまでも繰り返す病態のことを「蝸牛(カタツムリ)型メニエール病」と言う例も多いそうです。

 

BMI(体重指数)を求める式はどこの国でも一緒ですが、数値の判断基準は各国異なっており、

 

(社)日本肥満学会においては標準(最も理想的なBMI値)が22、BMI25以上であれば肥満、

 

18.5未満だと低体重と規定しています。痒みを伴うのが大きな特徴のいんきんたむしとは、

 

医学の世界では股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、かびと同種の白癬菌が股部、

 

陰嚢(いんのう)、臀部などの部位に温水プール、風呂などで感染し、寄生する感染症であり、実は水虫と正体はまったく同じものです。

 

汗疱状湿疹とは汗をかきやすい掌や足裏、または指の側面等に痒みを伴う小水疱が皮膚の底

 

からじわっと湧きあがるように出る症状で、よく汗疹(あせも)と間違われ、足裏に出ると足水虫と勘違い

 

されることが普通です。血管が突然つまる病気の心筋梗塞とは、冠動脈の動脈硬化が促進されて

 

血管の内腔の直径が細くなり、血流が途切れ、栄養や酸素を心筋が受け取ることができず、

 

その部分の心筋細胞が壊死する恐ろしい病気なのです。

 

内臓脂肪が多いことによる肥満とされて、「脂質過多」、「高血圧」、「血糖」の内において、

 

2〜3個に当てはまるような場合を、メタボリックシンドローム、略してメタボと判定されるのです。

 

1回永久歯の周辺を覆っている骨を減損させるまでに、悪くなってしまった歯周病は、

 

原則的に炎症そのものが緩和されても、エナメル質が元通りに蘇生するようなことはないのです。

 

紫外線の照射によって生成されるV.D.は、Caが人体に吸収されるのを手伝うという性質が

 

よく知られていて、血液の中のカルシウムの濃度を操作して、筋肉の動作を操作したり、

 

骨を生成したりしてくれますアルコールを分解する肝臓に脂質やコレステロールが付いた

 

脂肪肝(しぼうかん)は、肝硬変のみならず、多種多様な病気の原因となることがあるのです。

 

3種類のアミノ酸からできているグルタチオンは、細胞の能力を下げたり変異を誘引するような

 

悪影響を与える有害物質を体の中で解毒し、肝機能を促進する機能が証明されているのです。

 

内臓脂肪症候群であるとははっきりと言われていなくても、内臓脂肪が溜まりやすい特性のたちの

 

悪い肥満になる事によって、複数の生活習慣病を引き起こしやすくなることが通例です。

 

 

https://www.city.aomori.aomori.jp/kosodate-shien/kodomo-kyouiku/soudan-teate-josei/teate-josei/jidou-teate/01.html